団体のご紹介

子どもシェルターモモとは困難を抱える子どもたちのためのセイフティーネットです。

子どもたちは、周囲の適切な支援があれば独立したおとなに成長できます。
子どもシェルターモモは、子どもたちの自立を支援するために弁護士・児童福祉関係者・市民が集い、法的支援と福祉的支援を行なうことで、子どもたちのセイフティーネット(※)としての活動を行なっています。
子どもシェルターは東京、横浜、名古屋に次いで、地方都市では初めてです。また、自立援助ホームは岡山県では初めてです。
私たちは、子どもの自立支援と人権救済のために様々な機関や団体とネットワークを結び、活動していきたいと考えています。

※児童福祉法で子ども(児童)は、18歳未満を対象としています。そのため、児童福祉法の対象を外れると、居場所を失い自立のための支援を受けられないままの子どももいるのです。

「子ども担当弁護士」とは

岡山弁護士会の協力により、シェルターを利用する子どもひとりひとりに、1名または複数の「子ども担当弁護士」が付きます。この、子ども担当弁護士は、子どもの法的支援(代理人・付添人)を中心に、必要に応じて子どもの福祉的支援も合わせておこなう弁護士です。

子どもシェルターモモの理事・監事

理事長
東 隆司(弁護士)
副理事長
井上雅雄(弁護士)西ア宏美(チャイルドラインおかやま代表)
理事
青野雅世(モモの家ホーム長)石倉尚(弁護士)
市場恵子(岡山理科大学非常勤講師)大重耕三(精神科医)
金地靖(社会福祉士)河本泰政(弁護士)
白井和年(元児童自立支援施設職員)土井一成(おおもと荘ホーム長)
中野善行(なかのクリニック院長)長谷川久子(弁護士)
間嶋利和(元教員)
監事
近藤幸夫(弁護士)小橋仙敬(公認会計士)

一緒に子どもたちを支える仲間として、皆様のあたたかい支援をお願い申し上げます。

〒700-0861
岡山市北区清輝橋1丁目2-9
TEL/FAX 086-206-2423

特定非営利活動法人 子どもシェルターレラピリカ 社会福祉法人 カリヨン子どもセンター

特定非営利活動法人 子どもセンター帆希 特定非営利活動法人 子どもセンターてんぽ 特定非営利活動法人 子どもセンター パオ

特定非営利活動法人子どもセンターののさん 特定非営利活動法人 子どもセンターるーも 特定非営利活動法人ピピオ子どもセンター

特定非営利活動法人そだちの樹 特定非営利活動法人おおいた子ども支援ネット くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学 音楽デザイン専修

オンライン寄付サイト
子どもたちをいっしょに支えていただけませんか。

皆様からの寄付を募っています。どうぞ私たちと一緒に「モモ」を支えてください。

  • 詳しくはこちら
  • オンライン寄付受付中
  • 〒700-0861
    岡山市北区清輝橋1丁目2-9
  • TEL/FAX 086-206-2423

  • ブログ
  • ブログ
    シェルターモモスタッフによるブログです。

子どもシェルターモモ フラッシュムービー